呼吸困難を防ぐ

皮膚や網膜といった、身体の表面にある細胞が呼吸をしているように、
頭皮や毛髪といったところもまた呼吸をしています。
酸素を摂り込むことで細胞は活性化するのですが、
皮脂や汚れと言ったものが頭皮を覆っていると呼吸がままならず、
毛髪は成長を止めて抜け落ちてしまいます。
この症状が進むと、地肌が目立つ薄毛の状態になってしまうのです。

もちろん、影響があるのは毛髪の部分だけではありません。
毛根と呼ばれる毛髪の根元には毛母細胞という細胞があり、
これらが一定の数まで分裂すると、成長因子が発毛や育毛を促し始めるのですが、
正常な呼吸が出来ない状態が続くと、
この因子もまた衰退したり減少してしまったりするのです。

体内から送られてくる栄養と共に、
細胞が摂り込む酸素も発毛や育毛に大きく関わっているということです。
成長因子が衰退したり減少すると、発毛が遅くなるだけでなく、
発毛自体が行われなくなり、専門の医療機関で治療を受けなければ
再生しないという事態にもなりかねないので注意が必要です。

正常な新陳代謝を促すためにも、皮膚呼吸が行えるようにするためにも、
その日一日の汚れやゴミ、皮脂といったものは
その日のうちに丁寧に洗い流すことが大切です。

面倒だからと翌朝に持ち越すと、真夜中に行われるターンオーバーを阻害し、
薄毛や抜け毛を進行させてしまうからです。
確りとお湯で濯ぎ、ゴミや汚れを落としてからシャンプーをし、
丁寧に濯いであげることで、皮脂を健康で清潔な状態に保ってあげることがお勧めです。

Eptrophil_468-60
エピトロフィルGF Epitrophil GF

■□■育毛剤で成長因子を増やす■□■