紫外線は大敵

肌や瞳に悪影響をもたらすもののひとつとして紫外線があげられることは多いですが、
毛髪や頭皮も、その影響を受ける部位だということをご存知ですか?
顔やデコルテを紫外線から守るために、
つばの広い帽子を愛用している人は多いようですが、
頭皮や毛髪をそれから守るために被っていると意識している人は意外と少ないようです。
紫外線は活性酸素を発生させ、皮膚を老化させてしまいます。

肌が紫外線に曝された時は、シミが出来てしまったり
角質の代謝能力が低下したりしますが、頭皮の場合は代謝機能が低下するだけでなく、
表面が硬くなり、老廃物の排泄や栄養補給が上手くゆかなくなり、
やがて薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。

毛髪の根元には毛根と呼ばれる部分があり、
その中には成長因子という毛髪の成長を管理している因子が存在しているのですが、
紫外線に長く当たることで老廃物が根元を塞ぐようになると呼吸困難になり、
死滅または衰退してしまうのです。
そうすると、新しい毛髪が生えない、
生えてもすぐに抜け落ちてしまうといった現象が起こるのです。

ですから、薄毛や抜け毛の症状が現れないように、
肌を守ることと同様に、頭皮や毛髪も紫外線から守ることが大切なのです。
特に毛髪や頭皮は、日焼け止めなどの外側からのケアが難しいため、
帽子やフードつきのパーカーなどで遮ってあげることがお勧めです。
紫外線からのダメージは、角質層に蓄積されてゆきいずれ症状を引き起こすので、
曇りの日も油断せずに紫外線対策を取ることがお勧めです。