シャンプー上手になる

毛根が元気であること。薄毛や抜け毛の予防には、このことがとても重要です。
毛根の中には毛母細胞と呼ばれる毛髪の素になる細胞があり、
これが分裂を繰り返し、一定の数になったところで発毛が始まります。

発毛したあとも、健やかに毛髪が成長を続けるためには、
毛根から送られてくる栄養と酸素が欠かせません。
もちろん、その栄養や酸素は毛細血管を介して毛根へと運ばれてくるのですが、
そこから吸収する力がなければ、
いくら豊富に栄養が運ばれて来ても無駄になってしまいます。
では、元気でいてもらうためにはどんなことが必要なのでしょう?

一番手軽に出来て、なおかつとても大切なケアの方法は
毎日のシャンプーを正しく丁寧に行ってあげることです。
毛髪に関する悩みを抱えている人の中には、シャンプーを疎かにしていたり、
きれいに濯ぐことが出来ておらず、
結果、薄毛や抜け毛といった症状を引き起こしている人もいます。

毛髪や頭皮に付いた汚れやゴミ、皮脂を洗い流すためのシャンプーですが、
一番大切なのは毛根が健康でいられるように、ゴミや汚れだけでなく、
そのために使ったシャンプーもきれいに洗い流すことなのです。
ですから、予防のためにもケアのためにも、
シャンプーの際はしつこいくらい丁寧に濯いであげることをお勧めします。

また、頭皮はとても傷つきやすく、傷がつくと直ぐに炎症を起こしてしまい、
それが元で薄毛や抜け毛になることもあるので、
汚れを落とそうとして強く擦ったり爪を立てて洗うことは控えましょう。
健やかな毛髪は、シャンプー上手になることから始まると言っても過言ではないのです。